読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet Meals, Spicy Life -haneri’s diary-

3人育児。合間にごはん。時々おさんぽ。

子連れで行く海外 フィリピン編 vol.3 渡航準備 持ち物編

英語教育 親子留学

vol.2はこちらからどうぞ。

hanerim.hatenadiary.jp

 

行く手はずが整ってきたら、次は荷造りです。 

渡航準備で揃えた持ち物をこちらにまとめておきます。

 

荷造り

私の荷物はスーツケースとリュックを1つずつ。第一子は通園用に小さなリュックを1つ。

スーツケースの中身は?

オムツ:現地で買えるとはいえ、第二子のオムツが心配だったので、1パック近くは持っていたので、実は3週間は持っていたもので足りてしまいました。

4日分の着替え:現地で洗濯するつもりだったので、着て行った服+4日分の服。しかし実際には、干している洗濯物が雨にあたったりしたので、現地でTシャツやズボンなど娘の分を買い足しました。ドマゲティにはLee plazaやSMなどのスーパーやモールがあるので、必要なものはすぐに調達できます。

水着:週末ごとにホストファミリーがビーチに連れて行ってくれたので、持って行ってよかった。

虫よけ:アロマのスプレータイプのもの。多分効果はあったので、持って行ってよかったと思う。(なければ、現地でOffローションを買えばOK)

日焼け止め:第一子用に。

帽子:私と第一子用に。

折り畳み傘:スコール対策と日傘対策

携帯充電器wifiはわりとどこのカフェでも使えるので、ステイ先で毎日充電してました。

こどもの飛行機対策:クレヨン・らくがき帳・iPad・シール帳などを持ってきました。リュックの中身は、実はこれが一番重たかったかも。

抱っこひも:第二子用に。行きはパシネット対応していない飛行機だったので、飛行機の中はずっと抱っこひもで抱っこ。ずっと寝てくれて楽ちんでした。(帰りはパシネット借りれたけれど、なかなか寝てくれなかった。月齢もあったのかな。。。)現地での移動も、ベビーカーだと何かと機動力がないので、抱っこひもで過ごしました。

ステイ先や友人へのお土産:前回(といっても5年以上前だけど、、、)行ったときは、空港で買った「白い恋人」がラングドシャでチョコも溶けてなくてかなり評判がよかったので、大人用にはそれとRoyceのチョコバーなどのお土産系の箱ものお菓子。

和三盆の干菓子。これは、ステイ先の家族にむかーしリクエストされたことがあったので。口の中でほろほろと溶けるのが、良かったらしい。

ステイ先の子どもたち用には、作る系のお菓子、作る系のおもちゃ、クレヨン系、かわいいマスキングテープやシールなど。

ホイップる スタンダードセット W-50

ホイップる スタンダードセット W-50

 

 

けしごむをつくろう ・ ケーキ

けしごむをつくろう ・ ケーキ

 

 

けしごむをつくろう・チョコ

けしごむをつくろう・チョコ

 

作る系のおもちゃは、到着して渡した次の日にはいっきに全部作っていたのが、何とも複雑な気持ち。(毎日少しずつ作って楽しむ、という考えはないみたい。まぁ、うちの子もそっか。)

 

現地の蚊には現地の虫除けが効くと言われているけれど、現地のoffローションは私はにおいがあんまり好きではなかったので、今回はこれを持っていきました。

雨季もだいぶ落ち着いてきていたから、そこまで蚊が多いという印象でもなく、こちらで十分でした。

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー125ml

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー125ml

 

 

Vol.4へ続く。

hanerim.hatenadiary.jp

では!