Sweet Meals, Spicy Life -haneri’s diary-

3人育児。合間にごはん。時々おさんぽ。

3人育児を始めて半年。

f:id:hanerim:20160828175740j:image

なかなか記事を書く時間をとらずに、最近はおでかけの話が多くなってますが、せっかくなので、3人育児の話も、少しずつ書いていきたいなぁと思っています。

 

そう思えるようになったのも、3人の体調が最近は安定していて、日常生活を普通に送れるようなってきたからなんだな、ありがたいなと思いますが、またいつ病気のスパイラルにおちいるかわからないので、今のうちに。

 

毎日がSpicyな日々だと思っていた

3人育児の毎日といっても、長女うりさん(6歳)と次女はねっこ(2歳)は平日昼間は保育園なので、3人育児のあわただしいのは、朝起きて~保育園を送っていくまでと、保育園にお迎え~寝かしつけるまでなので、家でみている方に比べたら一息つく時間はある方だと思うのだけれど、それでも3人抱えての保育園の送迎は毎日の修行みたいだったし、3人同時のお風呂や時間差の寝かしつけも決まったペースができるまではそれこそ試行錯誤の日々だった。

そんな中の5月~6月は、げんこつくんの入院からはじまり、長女うりさんの誤飲騒動、次女はねっこの入院、うりさんの水ぼうそう・・・と、2週間おきくらいに病院のお世話になっていて、気持ちが忙しかったな。3人いれば、そりゃ病気もするは!とも思うけど、入院となると、家と病院の往復もあるし、未就学児は病室に入れないので、はねっこの入院の時は、朝:うりさんを保育園へ送るげんこつくんを一時保育に連れて行く⇒はねっこのお見舞いに病院⇒げんこつくんのお迎え⇒うりさんのお迎えで、合間に家事という感じ。

私の場合は、移動だけで気持ちが忙しくなっちゃって疲れてしまうたちなので、その渦中は気が張っているからまだいいけれど、終わったらどっと疲れが出たりしてました。

育休中だから比較的時間の余裕があってよかったけど、これが復職後のことだったら!と想像すると、本当に大変だったと思う。

 

そんな病院通いの日々と子どもたちとの生活で、なるようにしかならないし、慣れるしかないのが3人育児だよなと、少し力が抜けてきたような気がします。

そんな日々の中で出会って、力を抜くのの背中を押してくれた一つが、こちらのサイトでした。

blog.ladolcevita.jp

 

こちらにもあったのですが、3人育児が大変というよりも、約2歳差の育児というのが大変なんだと、肯定してくれたようで、力を抜く後押しをしてくれたのでした。

もちろん、うりさんが生まれた時も、なかなか慣れなくて大変だったし、子育てしながらの仕事って大変!って思っていたし、はねっこが生まれた時はうりさんとは4歳差だったけれど、2人育児は大変!って思っていたし、2人育児の中での復職も今考えると大変でした。だから、それぞれ各段階でも、新しいステージになったら、それぞれ大変!なのです。

今回は、3人目だからもう子育て慣れてるでしょ?なんて、よく言われます。確かに、おむつ替えるとか赤ちゃんのお世話っていう意味では、わからなくて右往左往することはなくなったけれど、私にとっても私の家族にとっても3人育児は初めてのことだし、慣れるまではお互いになかなか気持ちが落ち着かなかったのかもしれません。

 

そろそろ3人育児の環境がこなれてきたのかな

のど元を過ぎればということなのかは、まだわかりませんが、最近は子どもたちの体調が落ち着いていて、日々の生活を普通に送れているのと、子ども同士が新しい環境に慣れてきているので、「うりさんとはねっこ」とか「はねっことげんこつくん」とか「げんこつくんとうりさん」というように組み合わせもかわるがわる、日々楽しそうに過ごしてくれている。おまけに、げんこつくんも生後6か月になり、だいぶコミュニケーションを取れるようになってきたのも、大きいのかもしれません。

 

うりさん、はねっこ、げんこつくん、それが少しずつ次の成長段階に進み始めています。これからは、また少しずつ3人育児の話も書けたらいいなと思います。

 

では!

 

広告を非表示にする