読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet Meals, Spicy Life -haneri’s diary-

3人育児。合間にごはん。時々おさんぽ。

子どもと一緒に、子どものように?!DMM.プラネッツ Art by teamLabに行ってきました!(DMM.PLANETS Art by teamLab @ お台場みんなの夢大陸2016)

こどもとお出かけ

暑い夏のある日、お台場・フジテレビで開催されている「お台場みんなの夢大陸2016」内にあるDMM.プラネッツに行ってきました。

exhibition.team-lab.net

 

teamLabの作品は、「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」を日本科学未来館に見に行って以来の鑑賞です。

 

先入観や予備知識なしで、素直にカラダの感覚を楽しみたい!

水に濡れるよという情報以外は、事前の知識は無しで行ったのですが、それは正解でした。とにかく、触覚と視覚で素直に楽しむのが、この展示では正解です!

 

まず会場に入ると、説明を受けて、ロッカーに荷物をしまいます。途中ではカラダを使うったり水の中に入ります。落としちゃうと見つからなくなったり壊れても困るので、なるべく身軽になって行くのがよいです。

 

準備ができたら、いよいよ作品の中へ。

最初の作品?真っ暗な廊下。赤いライトだけがうっすらとついているので、それを頼りに進むのですが、この間も足の裏に刺激があり、次に出会うであろう作品への期待感を高めてくれます。

 

大きく分けると、作品のエリアは以下の4つです。

 

「やわらかいブラックホール - あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である」

exhibition.team-lab.net

これが、実は最初の関門でもあります。部屋の全面が人をダメにするソファのようなビーズクッションのようになっており、部屋の出口が少し離れたところに一か所だけあるので、なんとか辿り着かなければなりません。

足を動かそうとすると、足がとられてどんどん沈み込んでいく感じで、動こうとすると、さらにずんずんと沈み込みます。

子どもを抱えながらだと、さらに沈み込むでのなかなか進めず。。。子どもをフロアへ投げ出してみると、子どもは体重が軽い分、沈み込まずにするすると進んでいくので、ここのエリアは子どもの方が得意そうでした。

f:id:hanerim:20160827235231j:image

やっとの思いでエリアを抜けると、足元の光だけが頼りの暗い廊下になります。

足を進めながら、足の感覚を一歩ずつ感じます。

 

f:id:hanerim:20160828000646j:plain

 

「Wander through the Crystal Universe」

exhibition.team-lab.net

光の彫刻だそうなのですが、こちらは音と光を楽しむエリアだなぁと思いました。

f:id:hanerim:20160827235649j:image

床や壁が全面鏡張りなので、どこまでもどこまでも際限なくこの光が続いていくような感覚になります。光とリンクする光を表すような音と共に、光が変化していきます。

f:id:hanerim:20160828010235j:image

f:id:hanerim:20160828010129j:image

スマホで二次元バーコードを読み込むと、この作品の操作画面が選べるので、そちらから好きな光を選んで、ドラッグ。すると・・・ 

f:id:hanerim:20160827235933j:image

選んだ光に変わりました!

このフロアを抜けると、コントロールパネルがあるエリアがあって、そこでもスマホで操作できる画面が表示されているので、スマホがなくても、同じように光の操作を楽しめます♪ 

f:id:hanerim:20160827235917j:image

光のエリアも光に包まれている感覚がとっても素敵だったのですが、個人的には、この操作エリアが、光のエリアを客観的に横から見ることが、1枚の立体絵画作品のように見えて好みでした。 

 

さて、この華やかな光のエリアを抜けると、再び赤い光だけが頼りの暗いエリアです。

f:id:hanerim:20160828000646j:image

足元は芝生のような感覚だったような気がします。足を刺激して、次のエリアへの期待を高めてくれます。

 

「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」

exhibition.team-lab.net

f:id:hanerim:20160828000658j:image

 

よく見ると、鯉が泳いでいます。 

f:id:hanerim:20160828000701j:image

泳いでいる鯉が人にあたると、ふわーっとお花が一斉に咲き乱れます。

それがなんとも優しくて、場所を少しずつ変えては、鯉を追っていました。

 f:id:hanerim:20160828005847j:image

ここで大フィーバーしてたのが、長女のうりさん。いつの間にやら全身びっしょりになってました。どうもこの水のエリアに入って早々に、ざぶんと入って泳ぎ回っていたようです。泳いでいる鯉や花々を見ていたら、気持ちが止められなかったようです。

他の人が、妙にリアルな動きの魚がいるな、と思ったら子どもだった!なんて言ってたんですが、どうもうりさんのことでした。

残念ながら写真はうまく撮れなかったので載せられないのですが、全身ずぶ濡れなのは、うりさんと、それにつられて泳いじゃった同じくらいの男の子だけ。子どもって自由でいいなぁと思ったのと同時、この日がとても暑い日でよかったと思ったのは母心でしょうか。

とはいえ、この水のエリアはエアコンも効いているので、水もとてもひんやりしているし、室温もひんやりです。水から立ち上がっても、カラダはどんどん冷えていくので、もう少し見ていていたかったけれど、途中で切り上げました。

 

この華やかなエリアを出たところには、以前に出会った「Cold Life」も展示されていました。

www.team-lab.net 

 

f:id:hanerim:20160828000720j:image

水の中で、ひざ下だけが冷たい水の中のひんやりとしている状態での「Cold Life」の鑑賞。以前見た時とは、また、気持ちに残す印象が変わりました。

 

水のエリアを出たところには、タオルもたくさん用意されていたので、濡れても安心です(うりさんほどのずぶ濡れじゃない限りは!)

 

「Floating in the Falling Universe of Flowers」

最後はゆっくりとプラネタリウムを眺めてリラックスという感覚でした。

exhibition.team-lab.net

 

天井も壁も床も鏡張りのドームに、 お花が舞い散り、蝶が飛び交います。

f:id:hanerim:20160828000907j:image

光のエリアと同じように、スマホで好きな蝶を選んでドラッグすると、飛ばすことができます。

寝転がれるソファのようなクッションがあるので、皆それを枕にごろんと横になりながら、思い思いに空を眺めます。

高まった興奮を、ここで最後にゆっくりスローダウンという感じです。

 

チームラボの作品たち

一番最後に見た「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」では、自分の描いた魚が泳いだり、自分で描いたUFOが動き出したり、ポップな色の上のけんけんぱや大玉を転がしたり、美しい絵画のような作品があったりと目で見て嬉しい、触って楽しい作品だったので、子どもは何度も何度も作品で遊んでいました。

その前にも、一度チームラボ(teamLab)の作品に出合ったことがあったのですが、それは東京都現代美術館で開催された「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」という展示でした

www.mot-art-museum.jp

とっても大きな作品で、見ていてスーッと瀧の中に吸い込まれるような作品でした。

www.team-lab.net

 

うりさんが全身ずぶ濡れ!というのは予定外だったけれど、本当に満喫したようでした。

実際に触ったり、動かしたりできるデジタルアートは子どもも一緒に楽しめるので、我が家は子どもと一緒に家族で出かけることが多いですが、この作品も、大人も子どもも一緒になって楽しめたので、楽しい夏の一日になりました。

(この後、さらにうりさんは敷地内のプールに行って、さらに水遊びを楽しみました。まだ、濡れるんかい!)

 

では! 

 

【展覧会概要】
DMM.プラネッツ Art by teamLab
会期 2016年7月16日(土)~8月31日(水)
会場 お台場・青海周辺エリア(「お台場みんなの夢大陸2016」会場内)
お台場みんなの夢大陸オフィシャルサイト
http://www.odaiba.com
時間 7月29日~8月31日:10:00~22:00(最終入場 21:30)
※8月17日(水)、18日(木)、22(月)、23(火)、24(水)、25(木)、29(月)は貸し切りのため、18:00までの営業となります。
※8月11(木祝)〜15(月)、20(土)、21(日)は9:00オープンとなります。
※開催時間は変更になる場合があります。
※混雑などの状況により受付時間は変更になる場合があります。
料金 1DAYパスポート
一般 2,000円/小中学生 1,300円
※お台場みんなの夢大陸2016共通のご入場チケットです。

ナイトチケット
一般 1,000円/小中学生 500円(17:30~販売開始)
※18:00〜22:00にDMM.プラネッツ Art by teamLabにご入場頂けるチケットです。
プライオリティチケット
一般1,500円/小中学生700円
混雑を気にせず、優先的に「DMM.プラネッツ Art by teamLab」に入場できるチケットとなります。
※「DMM.プラネッツ」会場へ行くには「お台場みんなの夢大陸2016」の1DAYパスポートが別途必要となります。(例:大人の場合「お台場みんなの夢大陸2016」1DAYパスポート2000円+プライオリティチケット1500円の合計3500円がかかります。)
※基本的には「お台場みんなの夢大陸2016」の1DAYパスポートで会場に入れば「DMM.プラネッツ」には無料で入場できますが、「プライオリティチケット」があれば混雑を気にせず入場することができます。